名古屋発、1人で担々麺(坦々麺 たんたんめん 坦坦麺 担担麺)230件360食食べた記録と、地メシと役所ゴハン(Y級グルメ)と激辛挑戦記。


by indianapc

つけ麺としては美味しかったです(刈谷駅 らいこう)

麺屋らいこうに行ってきました。

刈谷市桜町4丁目5−1
(刈谷駅前エスカレーター有り歩道橋からデンソー本社に向かった途中)

本日はたんたんつけめんを食べることに、

下記文章が長くなりますが、少々お付き合いください。

つけ麺は好き嫌いが別れる食べ物です。
私はどちらかというと、冷たい麺に熱々のスープをつけて食べるものは
あまり好きではないため、「あつもり」を食べます。
ちなみに、とある名古屋で有名な店であつもりをお願いしたら、怒られました。

つけ麺が好きな人は、冷たい水でしめられた締りの良い麺の喉越し感と
食べた時の歯ごたえが大事だと主張されるかと思います。
私はその類の麺を好みとしていませんので、もっぱらもちもちとした感じの
あつもりつけ麺を食べます。

あつもりの際、どうしても麺が柔らかくなるため、前もって
そうなりますと言っている店があります。千葉県松戸市の「とみ田」です。
この店はあつもりを出す際、あつもりにありがちな麺のくっつきを避けるため
少し湯だめをして、釜揚げうどん風に出します。
あつもりも悪くはないので、お試しを。

では、たんたんつけ麺の話に戻るとしましょう。
d0095197_22390357.jpg
頼んで数分後、あつあつのスープと、しっかり締められた麺が運ばれてきました。
あつあつのスープですが、石鍋のような器で、しっかりグツグツと煮立っています。
これに麺をくぐらせてもスープも麺も冷えることなく、熱いまま食べられます。

スープ味の中心は魚介です。魚介の力が強すぎるのか、ゴマの味がかなり弱いです。
香味の弱いラー油がつけ麺のスープでよくある酸味と甘味との相性かよく、また魚介の味を殺すことなくいい辛味だけを印象づけていたかと思います。

スープも麺も最後まで熱い状態で楽しめました。

つけ麺としては今後も行くかもしれません。次は汁なし担担麺を食べに行くとします。

[PR]
by indianapc | 2016-06-17 13:53 | Comments(0)