名古屋発、1人で担々麺(坦々麺 たんたんめん 坦坦麺 担担麺)230件360食食べた記録と、地メシと役所ゴハン(Y級グルメ)と激辛挑戦記。


by indianapc

ちょっといつもとは違うがおいしい。

本日は「華峯」(かほう)に行きました。
千代田街道をそのまま尾張旭に入ってしまってすぐです。
住所わからず
場所
※2006年8月までテレビ、雑誌、他サイトでレポなし

ちょっとオーナーの不都合か30分遅れで開店
※後日記:元々オーナーの体調がおもわしくなく
その影響で開店がずれるらしいです。
(実際の営業時間 昼11:00~13:45
夜18:00~21:45 土日15:30~21:45 木曜休み)

早速入って頼みました。
今回は餃子つき1,100円辛さは4辛
待つこと15分ちょい。他の店よりは遅いです。
来た担々麺 は、今までのものとは雰囲気は似ているが
ディテール(細かいところ)が違う。
何が違うというと、チーマージャンの具合
スープに浮かないほどのチーマージャンなんだけど
ラー油もそこそこ入っている。
シャオグイライラの雰囲気っぽいが、粉唐辛子追加ではない。
むしろ、ラー油を多く足した感じ。
しかも、このラー油が単純に辛いわけではなく
ラー油そのものを食べると、甘みある。
山椒の香りはする。 
香りも辛さもほどよいぐあいの味は
すっかり汗もかき、スープもほとんど残さず完食。
なかなかいい担々麺でした。

よく、ラー油には五香粉を使っているとか書いてあるところもありますが
それはそうでもない店もある。実際にはラー油も店によって特徴があり。
たまたま五香粉になっているところもある。
ちなみに、場合によっては八角やナツメグの量が多い場合もあり
もしかしたら、カレー粉のレシピのターメリック抜きの場合もないともいえない。
実際にラー油作りを何回もやって思った事は、単に香辛料だけではないということであり。
ネギや生姜、大蒜、花山椒、そして油であると思う。油もやっぱり店独特のこだわりが
必ずあるはずなので、実際にラー油をれんげに入れてなめてみるのも
いいかもしれないですね。

この担々麺は非常におすすめしたい!です。
d0095197_1203347.jpg

100杯目になりました。
[PR]
by indianapc | 2006-11-20 01:01 | 尾張旭市 | Comments(0)