名古屋発、1人で担々麺(坦々麺 たんたんめん 坦坦麺 担担麺)230件360食食べた記録と、地メシと役所ゴハン(Y級グルメ)と激辛挑戦記。


by indianapc

2県目は意外な点に注目

本日、和歌山の「早すし」を食べました。
早すしというのは「なれすし」のようにかなり長い日にちかけて熟成されるすしではなく
たった1日でぱぱっと作って慣らしてしまうすしの事を言います。

詳しい作り方は、片身の塩まぶし済みのサバを塩抜きし、酢につけたものを
ごはんの上に乗せ、笹やそれに似た葉につつんで形整えたものを
重石を乗せて一昼夜漬け込んだものです。
(尾州早すしとは違います)

それをラーメンと一緒に食べるって事がコアな話だなあと思い、
さっそく和歌山=早すし ということにしました。
行った店は、「まっち棒」和歌山ラーメンのチェーン店です。
まっち棒、名古屋千種店
名古屋中区新栄3-7-5フォーラム千種1F
11:30~14:30,18:00~23:00 不定休
場所

ラーメンを食べて、さらに早すし1個を食べる。ラーメン屋のおにぎり感覚。
早すし、150円 大きさはカロリーメイト2個半分くらい。
酸味も抑え目で、サバの味もあっさり、サバ臭い感じもない。
ちょこんとのった生姜がさらにいいアクセントで、ラーメンに思ったより合う。
2個くらいいけそうな味だったけど、今日は夜に食べてるので、これにて終了。
こんなおすしも結構いいなと思って帰りました。おいしかった。

ちなみに、私はラーメンマニアではありませんので
私なりにラーメンの解説。
すこしとろみのあるスープにすこし硬めの細麺がいい感じでからむ。
麺もスープも一緒に味わえるところがすばらしい。
油分が多い感じもある割には、醤油の感じがそれをすべてカバーして
豚特有のうまみをぎゅっと出している味でした。
ラーメンマニアの方で、店が臭う、ドロドロしていやだ、油っぽいっていう
意見を目にしますが、それは、人の好みであって
この「和歌山らーめん」の特徴は十分に出てるとは思います。
てなわけで、今日の話題は「早すし」でした。
d0095197_2129573.jpg
d0095197_212913100.jpg

2県目
[PR]
by indianapc | 2006-12-14 21:25 | その他 | Comments(0)