名古屋発、1人で担々麺(坦々麺 たんたんめん 坦坦麺 担担麺)230件360食食べた記録と、地メシと役所ゴハン(Y級グルメ)と激辛挑戦記。


by indianapc

盛岡の代わりって言っていいんだとはおもうけど…

盛岡のじゃじゃ麺
中華料理では「炸醤麺(ジャージャー麺)」と読む。
じゃじゃ麺ってのは平打ち麺に肉味噌がかかった麺なのだが
たいてい名古屋で食べる「ジャージャー麺」は卵つなぎの細めんを
使う事が多い。なので、なかなか中華料理店ではみつからないだろうと
思ってうどんやを中心にあたってみたところない。
以前南区の長寿うどんにあったようだけど、人気がなかったのか担々麺にかわる。
あと、千種区春岡のらくだ書店の近くにもあったが、すぐなくなる
(つか、すぐに店をたたんだようだけど…)

すごく時間がかかって南翔という店を発見しました。
愛知郡長久手町戸田谷123番地
(0561)62-1117
店のサイト
場所

もちろん、具もレシピも盛岡じゃじゃ麺同じで、肉味噌、平打ち麺、きゅうりと
シンプルながらもおいしそうな組み合わせ。

最初「前にじゃじゃ麺ありましたよね」と聞くと
「前のメニューのものですね」 とオーダーが通る。
メニューにもう載ってない裏メニュー状態。
ちょっと期待できるかも。
運ばれてきたものはまさに盛岡じゃじゃ麺と似ている。
平打ち麺がとてもしっかり肉味噌にからむ。
肉味噌は椎茸やたけのこが入っている模様。
甘味もある味に後味ピリリとくるところが非常においしい。
見た目くどそうだがそうでもない。すごくおいしいものをいただきました。

でも、メニューになくさないでほしいなぁ…すごくおいしいんだから!
しかも、中国の資格のある調理士が作ってるんだから、なんでもおいしいはずです。
5県目
d0095197_346325.jpg

[PR]
by indianapc | 2007-01-14 21:29 | その他 | Comments(0)