「ほっ」と。キャンペーン

名古屋発、1人で担々麺(坦々麺 たんたんめん 坦坦麺 担担麺)230件360食食べた記録と、地メシと役所ゴハン(Y級グルメ)と激辛挑戦記。


by indianapc

つけ麺だったからこそよかったのかも。

本日、和仙堂に行ってきました。

らーめん和仙堂
※うどんやになりましたので、全面的にメニュー一新です。
名古屋市中区丸の内3-22-8
11:00~15:00 18:00~23:00
日曜定休
地図

丸の内地区にあるということで
飲み屋的な存在かなと思ったら
最近の丸の内ラーメン出店事情に
乗っかった感がある店である。

さて、頼んだのは担々つけめん。夜のみ20食限定。
ワタシはなるべく限定モノは食べない主義なのですが
しかしおそらくコレは長く続くであろうメニューだったので
頼んでみる事に。

しばらくすると、オシャレつけ麺といえるような
最近よくみるつけ麺の光景。ドカンとした男盛りな感じではない。

早速スープをしっかりかき混ぜてから食べる。
味はそんなに悪くはない。むしろスープが多すぎる普通のたんたん麺の味を
払拭するかのような味。これはそういう意味ではアリ。
辛味は少なく。香味はほとんどない。
ゴマのクリーミー感はひじょうによく、つけ麺だからこそ出来るワザが
ここにあるのかも。

残念な事がいくつか。
ひとつは野菜がドレッシングかかってた事。
野菜もつけ麺らしくスープにくぐらせればおいしく食べれるのに。
野菜はそのまま食べろ的な感じに工夫が足らない。
ふたつめは、これが「あつもり」でないこと。冷やしの麺では…。
たんたん麺はホントはあったかいうちに食べてみたいもの。
スープも熱い感じで麺も熱い感じだと、最後まであったかく食べれそう。
温度の変化を楽しむのはちょっとオツだとはいえない。
みっつめは、麺があまり縮れてない事。
スープがしっかり絡めるよう、とんでもなくチリチリになってれば
これはしっかりスープを絡めて食べられると思う。
よっつめは、香味がないこと。名古屋のたんたん麺好きは香味を
結構重視している事を忘れて欲しくない気がする。
最後に、値段が980円は丸の内価格とはいえ、尾張好珍楼現象のように
おいしいのに早く店じまいする可能性は否めない。
居酒屋まるせいゆのソレよりはずいぶんおいしいと思うのに、
どうせなら、ランチメニューに変更にすべきではと思う。

そもそも、ソコ、店何回も変わる場所ですよね…。(旧たこやきマイケル跡地)
個人的にはこのつけ麺アリだと思っているので、
ワタシとしては息が長い店になる事を期待しています。
本年24杯目 175件目 実営業店???件目 200件まであと25件

d0095197_05956.jpg


※追加コメント
あの場所、なんでコロコロ店かわるんですか?
どうせなら、230円弁当でもやってみては?
[PR]
by indianapc | 2008-05-15 23:56 | 名古屋市中区 | Comments(0)