名古屋発、1人で担々麺(坦々麺 たんたんめん 坦坦麺 担担麺)230件360食食べた記録と、地メシと役所ゴハン(Y級グルメ)と激辛挑戦記。


by indianapc

甘味香味のたんたん麺?

本日ヒルトン名古屋「王朝」に行ってきました。
※本日は5,000円くらいつかって食べたので
何がいくらなのかまったくわかりません。ごめんなさい。

もう1年以上前から行くかどうかまよっていて
最終的に行かないことにしようかと思っていましたが
東京の有名麺食人のヒルトン大阪レポや
この地域の食人レポを見て、ようやく行く気になりました。
14:00closeかと思いきや、14:00ラストオーダーな感じだったので
少しは安心しました。

その前に…
なんだかだいぶ前からどっかのサイトで
イメージどおりにこないなぁなんていう話があったので
それはたまたまだろなぁと思い、
行ってみて細かくレポかいてみよかなと思いました。
今から話す事すべてがとある1日の一部始終だと思ってください。

1時も過ぎ、1時なら空いているだろうと思って、
とりあえず入るなりきっぱりと
「時間かかってもいいですから、アラカルトでいいですか?」と聞き
快くうけていただけ、すんなり席を案内させていただきました。
さて、頼んだのは香港担担麺以外に前菜1、点心2、デザートを頼みました。
多くの客人はブッフェに必死だが、もう1時になると、アラカルトの客人も
ちらほらと出てきます。
なぜだか知らないが、私に非常に気を遣っていただきました。
給仕も完璧で、前菜、点心、の順番に来ました。
もちろん、すべての点心が終わる頃に、担担麺はやってきました。
しかも、少し遅れると遠慮がちにお知らせまでいただくほど。
その気遣いに非常に感謝せざる終えないですね。
そもそも、ホテルでゴハン食べるなんて、時間に余裕をつくっておかなくては
いけないと思います。永年サボリーマンの私が
こんなところで余裕やってる場合ではないのですが…。

さて、肝心の「香港」たんたん麺ですが
見た瞬間、「お、これは銀座アスターと同じだ」と思ってしまいました。
銀座アスターの歴史を紐解くと、香港や広州の交流を通じて
出てきた現在の中華の味のようで、それが前回食べたたんたん麺だったのです。
もしかすると、この「王朝」のたんたん麺もそのような流れを
たぐってきているのではないかなと思います。
給仕の「辛いですか?」の質問にそのとき何も答えられなかったが
(いまさらながら店でうんちくを言うのもアホだと思ったのもあったので)
正直このたんたん麺はどうなのかというのに返答できなかったので
事務所に戻っていろんな資料を調べてみたり、同朋さんの意見を聞いたりして、
やっと味についてコメントできるかなと思いました。

やっと味の話になりすみません。
味ですが、非常に八角の味が強めで、山椒はむしろないくらいの感じ。
辛さは思ったよりも弱く、ラー油があるのかどうか考えてしまうほど。
ひき肉は銀座アスター同様。しいたけとのあわさりでつくられていて
てんめんじゃんなのか味噌のような香りも幾分か。
ゴマの風味があんまり伝わってこなかった。
麺はストレート麺。すこし歯ごたえのある感じ。
できればもうちょっとやわ麺であってほしかった。
今回、これを食べたあと、「で、結局香港のたんたんめんってどうなの?」
と思った結果、香港のたんたんめんはそういう感じじゃ
ないなーって結論になってしまいました。

資料によると、ヒルトン大阪の王朝は日本人が求めてるたんたんめんに
近いとの話だが、それは写真も味も見ていないので、定かではない。
できればインターネットで情報がものすごく早く収集できる時代に
10人のうち半数の人間が香港のたんたんめんと似てると
コメントできるたんたん麺が出てくる事を期待します。
ただ、この200件の道の中でこの店に伺ったのは
間違っていなかったと思います。いい節目の日でした。

本年40杯目 190件目 実営業店???件目 200件までついにあと10件
d0095197_17292445.jpg


※編集後記
やっぱりホテルの中華をもうちょっと研究しないといけませんね。
それをたどる事で、日本の中華の流れがたわかるのではと思います。
もうひとつ気がついた事は…。やっぱりお昼の王朝はブッフェのほうが
おいしく食べられるかもね。そういえば、アメリカンエキスプレスの割引があった。
さすがアメリカンエキスプレス。
[PR]
by indianapc | 2008-07-08 17:25 | 名古屋市中区 | Comments(0)