「ほっ」と。キャンペーン

名古屋発、1人で担々麺(坦々麺 たんたんめん 坦坦麺 担担麺)230件360食食べた記録と、地メシと役所ゴハン(Y級グルメ)と激辛挑戦記。


by indianapc

史上最強の味

たしかに、暴力的な辛さを出す店は
以前お知らせしました。

しかし今回、辛くたって慣れればやみつきになる味
紹介しましょう。

久しぶりに四川に行ってきました。
普段ここのたんたんめんを食べにいっている私が
ついに一部の人しか知らないメニュー
「多辣(ターラー)」たんたんめんを頼む事に。

今回食べるにあたってかなりの覚悟はしてました。
しかし、運ばれてくると、想像以上の赤色が…。
軽くすくってみると、どの具も赤く染まっていき。
嗅覚だけでなく、心もすごく刺激されていきます。

早速食べると、スープにはまず強い刺激を感じるのだが
四川閣7辛経験者の私には慣れている辛さ。
しかしその辛さはまだまだ序章に過ぎなかった。
麺を8割以上食べ終わる頃に急に信じられないくらいの
汗が吹き出る。なんなんだこれは…。
そして下のほうに沈殿するスープをすくって飲み始めると
ありえないくらいの辛さ。しかし味も感じられ、ハバネロも入ってるかな?と思う感覚が…。
具、麺はすべて食べ終わり、気がつけばスープは1割ほど残ってしまう。
残念だが、これ以上飲めない。おなかもものすごく熱くなってきた。

その1割飲めればウルトラ担担麺バカの域に行くのになぁ…。残念。
四川閣12辛(10以上はどうも裏メニューらしい?)にも挑戦せねば。

名古屋で一番辛いたんたんめんはこの「多辣(ターラー)」かな。
危険ですので、くれぐれも辛さになれている方のみ食べてみてください。

でも、このブログにリンクしてある「辛党おっさん」に挑戦してもらいたいです。
d0095197_10304032.jpg


※編集後記
今年はたんたんめんが来るなんて話がちらほら入ってきていますが
前回の編集後記でも述べたように、これほど作るの難しいものを
やる勇気があるなあと思ってしまいます。
ダンダン亭の主人のように、まだまだ完成になってないと
常日頃から思っていらっしゃる方がいるのにもかかわらず
あっさりとやられると、なんだかブーム的傾向になってしまうのは
いかがなものかなぁと思ってしまいます。
[PR]
by indianapc | 2009-01-17 21:42 | 名古屋市港区 | Comments(0)