「ほっ」と。キャンペーン

名古屋発、1人で担々麺(坦々麺 たんたんめん 坦坦麺 担担麺)230件360食食べた記録と、地メシと役所ゴハン(Y級グルメ)と激辛挑戦記。


by indianapc

<   2016年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

※本日、編集で間違えて削除ボタンを押して消しました。すみません。

どこかしこで結構話題になっており、先日某社の雑誌にとりあげられたとか。
このあいだ港区四川に行った時も、その雑誌の話をしているお客さんが
いたので、行ってみようかなと思いました。

この店はベーシックなラーメンとつけ麺がおいしいとの評判
担々麺も多くの麺食人の方から高い評価を受けているようです。

平日真っ昼間なのに、駐車場は混んでいる。
店前に人が並んでいる。なにやら最近行く店行く店この傾向が高い。

早速頼みました、担々麺
運ばれてくるまでの時間は通常のラーメン屋の担々麺よりかは若干遅い。
d0095197_19555710.jpg
では、味を楽しんでみることにしましょう。
まずは最初に来るのは辛さと山椒の刺激。スープはあつすぎることもなく
まずまずの温度。食べやすさを考えたのであればとても良い温度だと思います。
全体的に杏亭やシャンツーダンダンミェンの味に近いが、こちらは山椒が
出来上がり時にまんべんなくかけている分、香り強め。ラー油にはそんなに手が回っている
わけではないようで、ラー油の香味がちょっとインパクト弱めです。
隠し味の酸味もそこそこいいので、全体的な味のバランスはよいかと思います。

麺はつけ麺の麺と同じなのか、稲庭うどん風な平打に近い太さと形状。
スープとの絡みと喉越しが良いようで、この担々麺に合うかどうかは
好みが分かれるかと思います。

ゴマのほうは、クリーミー感もありながら、食感を楽しめるようにナッツの
砕いたものを入れて舌触りがよいように作られている。濃厚といえば濃厚。

おすすめしたい味には入るかと思いますが、これは好みが分かれるかもしれません。

ラーメン屋としては美味しいので、次は他のメニューを「一人で」食べに行きます。

[PR]
by indianapc | 2016-06-23 11:23 | Comments(0)
尾林に行ってきました。

四川飯荘 尾林(wei-lin ウェイリン)
浜松市東区将監町14−10
(クルマでなら行けそうです)

閑静な住宅街にぽつんとあるお店。新興住宅地なのか、新しい綺麗な家が周囲に多いです。

尾林の名前の由来は店主の苗字からとったもの。
d0095197_23085607.jpg
早速頼みました、汁なし担々麺
待つこと数分、これもまた、豊橋で食べた汁なし担々麺に近い味。ただ、こっちは
甜麺醤があるのか、ちょっと甘辛な感じ。香りは最初口に運んだ時に入ってきて
その後軽く痺れる感覚。麺はもちもち、豊橋の担々麺の辛さで、この麺だったら
一番最高の相性になるかなと思いました。

ものすごく辛いというわけではなく、早く食べてしまいたくなるほどの
味と香りが楽しめました。

おすすめしたいお店です。

浜松は某有名担々麺食べログレビュアーのコメントがたくさんあるので
まだまだ掘り起こしたいです。


[PR]
by indianapc | 2016-06-21 14:55 | Comments(0)
希虎に行ってきました。

坦々麺 希虎
豊橋市中浜町219−45
(クルマで行くことをおすすめします。)

住宅街と商業地域の中にある店、静かな場所にあります。
d0095197_22223700.jpg
早速頼みました担々麺
待つこと数分、とても丁寧な形の担々麺。
スープをすくうと、ラー油のよい香りにゴマの香りが入ってくる
スープをのんでみると、ラー油とゴマの味がしっかり来る。
さらさらっとした間隔は、豊橋によくある担々麺の味に似ている。
サーラ系ではないが、日式陳流ではいたってベーシックな味。
ゴマが多めだとかラー油が濃い目だとかではないが、教科書通りと
思えるシンプルな感じ。しかし作りが丁寧。ひき肉も冷たいと感じる
こともなく、チンゲンサイも硬すぎず歯切れがよい感じでした。

麺はやや縮れ。ここはラーメン屋っぽい。
しかしながら、全体が昔中華料理店でしっかり修行したのではと
思わせる店内とメニュー。今後時間があるときに何回か通ってみて
中華メニューを確認してみたいと思いました。

[PR]
by indianapc | 2016-06-17 16:39 | Comments(0)
麺屋らいこうに行ってきました。

刈谷市桜町4丁目5−1
(刈谷駅前エスカレーター有り歩道橋からデンソー本社に向かった途中)

本日はたんたんつけめんを食べることに、

下記文章が長くなりますが、少々お付き合いください。

つけ麺は好き嫌いが別れる食べ物です。
私はどちらかというと、冷たい麺に熱々のスープをつけて食べるものは
あまり好きではないため、「あつもり」を食べます。
ちなみに、とある名古屋で有名な店であつもりをお願いしたら、怒られました。

つけ麺が好きな人は、冷たい水でしめられた締りの良い麺の喉越し感と
食べた時の歯ごたえが大事だと主張されるかと思います。
私はその類の麺を好みとしていませんので、もっぱらもちもちとした感じの
あつもりつけ麺を食べます。

あつもりの際、どうしても麺が柔らかくなるため、前もって
そうなりますと言っている店があります。千葉県松戸市の「とみ田」です。
この店はあつもりを出す際、あつもりにありがちな麺のくっつきを避けるため
少し湯だめをして、釜揚げうどん風に出します。
あつもりも悪くはないので、お試しを。

では、たんたんつけ麺の話に戻るとしましょう。
d0095197_22390357.jpg
頼んで数分後、あつあつのスープと、しっかり締められた麺が運ばれてきました。
あつあつのスープですが、石鍋のような器で、しっかりグツグツと煮立っています。
これに麺をくぐらせてもスープも麺も冷えることなく、熱いまま食べられます。

スープ味の中心は魚介です。魚介の力が強すぎるのか、ゴマの味がかなり弱いです。
香味の弱いラー油がつけ麺のスープでよくある酸味と甘味との相性かよく、また魚介の味を殺すことなくいい辛味だけを印象づけていたかと思います。

スープも麺も最後まで熱い状態で楽しめました。

つけ麺としては今後も行くかもしれません。次は汁なし担担麺を食べに行くとします。

[PR]
by indianapc | 2016-06-17 13:53 | Comments(0)
某所に行ってきました。

早速頼みました。担々麺。
d0095197_23291341.jpg

出てきたものは、担々麺風の食べ物。
ゴマの舌触り感じられる味と、どこの辛さかわからない味。
そして、このスープは鉄鍋づくりなのか?とかんがえられるような味。

担々麺としてはまったく担々麺の雰囲気かすりもしない
ただの辛いラーメンとの印象。

スープにこだわりがあまりなさそうな雰囲気で
どういう了見でここにいたったのかが不思議です。

各お客さんの器をみているとスープを大量に
残している。これは結果スープを何回も飲んでみたい味ではない
証明ではないかと感じられます。

昼時にタバコも吸えるのはこの店の特徴。

この店の魅力は味としてはカレーラーメン。
店の雰囲気としては昼でもタバコを吸える、大飯食らい大歓迎
の店ではないかと感じました。

タバコの煙舞う、ラーメンも十分な味ではない。久しぶりにお金払って食べるものか悩んだ一品です。
[PR]
by indianapc | 2016-06-11 23:23 | 名古屋市西区 | Comments(0)
まるぎん商店に行ってきました。

まるぎん商店
岡崎市寿町13-20
※訪問はクルマがよいかと。

食べログで「虎玄よりもまるぎん商店のうまい」と虎玄をコキおろしていたので
これは可哀想、何を持ってうまいのかは食べてみないとわからない。
と思いまして、まるぎん商店に行ってまいりました。

店入って早々、担担麺を召される人はほとんどおらず、
たいていはまぜそばか醤油系ラーメンをお召のよう。

早速頼みました、担担麺。

待つこと数分、運ばれてきた担担麺はビジュアルは普通の担担麺。
結論先に言ってしまうと、これが見た目で終わって欲しかった…。という感想。
d0095197_14392657.jpg
食べ始めるとかなり前面に来るのはにんにくの味。そしてゴマの味。
ラー油の味はほとんどこない。辛味がちょっとあり、香り系のものが
少し感じられる。

麦豚のチャーシュー刻みは味としてもしっかりしていて食べやすい。

麺はもちもちとした食感と、歯切れのよい芯の部分があって、
ラーメンの麺としては楽しめるものでした。

ただ、終始にんにくが前面にでている印象は強すぎました。

この担担麺風のものを、最後まで食べ続けていられるだろうかと考えた時
答えはナシと判断。スープは結構残してしまいました。

日式陳流担担麺からどこまで近いかと聞かれると、見た目だけと答えるでしょう。
しかし、らーめんとしては成立しており、担担麺風らーめん
としては美味しいと感じました。

とはいえ、担担麺として考えて、虎玄と同じ次元の比較材料かと考えると、
それは違うとは思いました。

ということで、まるぎん商店へはラーメン屋としては今後も行くでしょう。
[PR]
by indianapc | 2016-06-02 13:51 | 岡崎市 | Comments(0)