「ほっ」と。キャンペーン

名古屋発、1人で担々麺(坦々麺 たんたんめん 坦坦麺 担担麺)230件360食食べた記録と、地メシと役所ゴハン(Y級グルメ)と激辛挑戦記。


by indianapc

<   2016年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

四川閣に行ってまいりました。

暑いけれども、やっぱり辛いものをどうしても食べたくなるのは
性分でして、飲みに行く前に四川閣へ。

入って早々、常連さんが焼酎かビールかを飲みながら
野球観戦。この店の人の常連さんは野球が好きですね。
d0095197_22435056.jpg

早速頼んでみました担々麺、4辛
今回も4辛と甘い感じで頼んでしまいましたが
そろそろ5辛復活しなければと思っております。

ここの辣油は独特な匂いと味。ただこれが結構癖になります。
少々しおっけの強いスープですが、これはビールに合うので
私としてはビールに合う唯一の麺料理はここか味仙と台湾かなと
思います。

人により好みが分かれる店ではあるとは思いますが、
私は8年以上も通うくらい好きな店ですね。
[PR]
by indianapc | 2016-07-29 21:21 | 名古屋市千種区 | Comments(0)
マルナカにいってきました。

マルナカ中国麺飯食堂
蒲郡市港町4−14
(蒲郡駅 海側出口でて左側すぐ)

実は、6年前、行きたい行きたいとずっと思っていたのですが
東京に引っ越したため時間間に合わず、結局年月過ぎてしまいました。

早速頼みました担々麺。
運ばれてきたものは、もうまさにアタリと思ってしまうもの。
d0095197_12273639.jpg
スープをすくってみると、ゴマの感じとラー油の感じがちょうどバランスよく
味わうことが出来ます。飲んでいるうちに、少しナッツの味がするようなところ
がありますが、そんなに前面には出ていないようです。

醤油ベースのスープは人によっては若干塩辛く感じますが
このくらいでも十分おいしいと感じます。

麺は縮れの細麺。よく見かけるラーメン屋の麺です。
この麺がスープにしっかり絡みよい味を出してきます。

ラー油は自家製のものだと考えられるもの。辛味が強いですが、香味も
少しはあるようです。

付いているひき肉はスープの味と喧嘩することなくスープに
馴染むような味付けになっております。

菜物も多すぎず少なすぎず、クタッとならない感じも食べやすいです。

日式陳流担々麺の教科書どおり+α的な味でとても満足いたしました。

おすすめしたいです。

[PR]
by indianapc | 2016-07-22 12:23 | 蒲郡市 | Comments(0)
豊田市某所に行ってきました。

とても有名な中華料理の店で、CBC関係の来客も多いようで
いろんなものがペタペタと貼っております。
d0095197_12284271.jpg
早速頼みました担々麺。
待つこと数分、やってきたのは見た目は本当に担々麺かなと思うような外観。
ただ食べてみると、ゴマ濃い目の味噌ラーメンでした。

ただ、この味噌ラーメンが普通のラーメン店よりもクオリティ高く、
ゴマが結構引き立っていました。

ラーメンとしては美味しいですし、中華屋としてもなかなかの店だと
思うのでまたランチ時に行ってみたいと思います。
[PR]
by indianapc | 2016-07-21 22:22 | 豊田市 | Comments(0)
如水に行ってまいりました

徳川町如水 西春店
北名古屋市宇福寺天神140
(クルマでしか行けないです。)


前々から気になっている中国料理店が時間切れということで入れず
仕方がなく、如水へ足を運ぶ事に。

前々から「引退したmixiのコミュ」において担々麺はそんなに…との評価がたくさんあったのだが
食べてみるしかないだろうと思い行ってみました。

店は相変わらず如水バリューで大混み、でも人の案内はこれまでの人気店とは違い
大幅にスムーズ。如水が今でも人気なのは、こういう気遣いがあるからこそだと思います。

早速たのみました担々麺。
頼んですぐに運ばれてきたものは、絶句…してしまうほどのらーめん。
d0095197_21310707.jpg
これは、らーめんとして食べよう…と気持ちを入れ替えました。

まず、ゴマは、浮いているゴマと溶けているゴマがうまく合わさっていない。
スープにゴマゴマしさもない。ラー油も存在感の少ない辛味。
香り素材もなく、いたってらーめん屋としてもスタンスを崩していない。

らーめんとして考察すると、まず如水特有の無化調スープが前面に来る。
塩ダレが弱いのか、もうすこしインパクトあある塩ダレでもよいかと思う軽さ。
麺はストレートで博多とんこつを思わせるような硬めの麺。
ただ、小麦の香りが弱く、出来る限りスープの微妙な味を楽しんでもらいたように
つくってあるようだ。

結果的にインパクトがないという印象だけで終わってしまった。
無化調であればスープ飲みほしたいのだが
ワタシ的にひっかかるものがあったのか、残してしまった。

今後食べに行くならば、つけ麺か台湾を食べに行くことにしたい。

[PR]
by indianapc | 2016-07-03 21:26 | Comments(0)
随分前から港区の「四川」が好きで、同伴者が飽きるほど行ってます。
一度担々麺好きが集まって宴会を催したこともございました。

あれから5年も経ち、四川は新しい時代になったなと思いました。
店の人も変わらない人もいれば、引退された人もいるとか。
壁に沢山並んでいたメニューは消え、角型席が2つ消え、その代わり
たくさん座れる大丸型席が入っていました。

知らない人とのとりわけはNGとなり、禁煙となりました。
(私は吸いません。)

変わらないのは、四川のメニューと料理。
相変わらずランチは野菜が多めの辛いメニューが入っている。
でも、なぜか多くの人はランチ時に担々麺を頼む。
四川は担々麺もおいしいけれど、ラー油を使ったメニューは
とてもおいしいと思います。

名古屋に帰ってきて数回平日に行ってますが、今度は休日か夜に
大ジョッキのビール飲みながら辛い料理を食べてみたいものです。



[PR]
by indianapc | 2016-07-01 14:14 | Comments(0)