「ほっ」と。キャンペーン

名古屋発、1人で担々麺(坦々麺 たんたんめん 坦坦麺 担担麺)230件360食食べた記録と、地メシと役所ゴハン(Y級グルメ)と激辛挑戦記。


by indianapc

<   2016年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

美杏に行ってきました。

チャイニーズキッチン・美杏
あま市篠田中分4-1

たまたまあま市に行く予定があり、行ってみることに。

相変わらずの繁盛店で12時半ばでも人がいっぱいです。
早速頼みました汁なし担々麺。
d0095197_00242492.jpg

汁なし担々麺は、日式陳流というものではなく、いつのまにか
世の中に日式汁なしが登場し、それを正宗(本場の、正しき)と言う人もたくさんいらっしゃいます。
実際は違うのですが…。

運ばれてきたものは、濃厚なゴマのタレに絡まったラー油もしっかり入った
担々麺。おおかたシャンツーダンダンミェンの味に似ているのだが、ちょっと
辛さを強調した味。香味は若干弱め。街の中華料理店風な味付けはとても
受け入れやすい味なのですが、年齢を増すとこの味もクドい味になってしまい
ちょっとゴマのタレが胃にもたれる感じになります。それをさらに辛さが
刺激してちょっと最後のほうが辛いです。
ワタシ事情で申し訳ないのですが、麺類を極端にやめてしまったため、麺類にこの
こってりな味はとても胃がしんどい感じになります。

ただ、こういうのがとっても好きな人にはかなり好きになる味かと思います。
以前のわたしなら喜んで食べていたでしょう。老いた証拠ですね。

今回をきっかけに濃厚系を食べるのをやめてしまおうかと思います。
それよりも、あの「鳳凰」の流れをくむ方々の味をあらためて食べに行きたいですね。

[PR]
by indianapc | 2016-11-04 21:28 | Comments(3)
5年ぶりにダンダン亭に行ってきました。

名古屋市東区代官町16-7 

ダンダン亭が出てきた頃は店は2人か3人の店員でまわしていて、
なんとか接客もできた感じでしたが、その2人もすでに過去の話。
今は店主が一度体調を崩してから1人体制でなおかつ時間限定で
やっているわけです。

雑誌に掲載しているときの店主の顔はちょっと外野の人から歓迎されないような
感じではありますが、たった1人でまわしているところを見ると、
大変そうでちょっとしんどそうな感じが伺えます。だからそれを
「ぶっきらぼう」と思う人もいるかもしれません。もちろん、忙しいからこそ
席位置も指定されてしまいます。

では、担々麺を食べるとしましょう。
今回頼んだのは、花椒担々麺。出来るまでそんなに時間がかかっていない。
調理に関してのオペレーションはとても早いです。
最初、器の周りをレンゲで掬ってみました。ちょっと温めに感じましたが
全体をしっかり混ぜると、程々に温かいです。
スープや、辛味、香味を楽しむのにはちょうどよい温かさです。
これ以上熱いと、熱さだけが前面に来て美味しさを楽しめません。

最近流行りすぎているゴマ濃厚系な担々麺とは違い、ちょっとさらさら感が
感じられます。味のほうは、胡麻の味とラー油、花椒の香りがしっかり来て
花椒の刺激が舌にしっかり乗ってきます。スープも自己主張しすぎない味です。

正直、麺以外こんなに手間がかかっていて¥900はいたしかたないです。

いや、私自身もう濃厚系の担々麺は飽きちゃったかな。日式陳流担々麺の中では
これが名古屋で2番めに好きな味ですね。

1番と言わずすみません…。

写真はございません。

[PR]
by indianapc | 2016-11-04 21:11 | 名古屋市東区 | Comments(3)