「ほっ」と。キャンペーン

名古屋発、1人で担々麺(坦々麺 たんたんめん 坦坦麺 担担麺)230件360食食べた記録と、地メシと役所ゴハン(Y級グルメ)と激辛挑戦記。


by indianapc

タグ:非常におすすめしたい ( 46 ) タグの人気記事

5年ぶりにダンダン亭に行ってきました。

名古屋市東区代官町16-7 

ダンダン亭が出てきた頃は店は2人か3人の店員でまわしていて、
なんとか接客もできた感じでしたが、その2人もすでに過去の話。
今は店主が一度体調を崩してから1人体制でなおかつ時間限定で
やっているわけです。

雑誌に掲載しているときの店主の顔はちょっと外野の人から歓迎されないような
感じではありますが、たった1人でまわしているところを見ると、
大変そうでちょっとしんどそうな感じが伺えます。だからそれを
「ぶっきらぼう」と思う人もいるかもしれません。もちろん、忙しいからこそ
席位置も指定されてしまいます。

では、担々麺を食べるとしましょう。
今回頼んだのは、花椒担々麺。出来るまでそんなに時間がかかっていない。
調理に関してのオペレーションはとても早いです。
最初、器の周りをレンゲで掬ってみました。ちょっと温めに感じましたが
全体をしっかり混ぜると、程々に温かいです。
スープや、辛味、香味を楽しむのにはちょうどよい温かさです。
これ以上熱いと、熱さだけが前面に来て美味しさを楽しめません。

最近流行りすぎているゴマ濃厚系な担々麺とは違い、ちょっとさらさら感が
感じられます。味のほうは、胡麻の味とラー油、花椒の香りがしっかり来て
花椒の刺激が舌にしっかり乗ってきます。スープも自己主張しすぎない味です。

正直、麺以外こんなに手間がかかっていて¥900はいたしかたないです。

いや、私自身もう濃厚系の担々麺は飽きちゃったかな。日式陳流担々麺の中では
これが名古屋で2番めに好きな味ですね。

1番と言わずすみません…。

写真はございません。

[PR]
by indianapc | 2016-11-04 21:11 | 名古屋市東区 | Comments(3)
謝謝にいってきました。

Chinese Dining 謝謝 豊橋駅前店
豊橋市駅前大通1丁目135 ココラアベニュー 1F
(豊橋駅でてすぐ)

水曜日はお目当ての担担麺店がいっぱいあるにもかかわらず
どうしても水曜日に仕事が多い今日このごろ。

住環境生活メーカー、サーラがずい分前に新しい店を出していました。

早速たのみました、麺ランチ ミニ麻婆豆腐丼 と 地獄汁なし担担麺
d0095197_08222087.jpg
麻婆豆腐丼がまず先に。前々から食べているサーラ系の麻婆豆腐の通りの味
花山椒よりも豆鼓の味が強めの愛知県の一部の人が好きな味です。
d0095197_08231207.jpg
担担麺はそれからしばらくして運ばれる。
やってきたのは、黒めのまぜそば状態の担担麺。
担担麺をしっかり混ぜて食べてみると池袋の名店「中国家庭料理 楊の汁なし担担麺」
とかなり似た味。すごく熱くなるくらい辛い。これはすごくおいしい。 もし麺が米線だったら
もちもちの食感もプラスしてもっとおいしいかもしれませんが、そんな贅沢は言えないので
これはこれでとてもおすすめしたい一品でした。
[PR]
by indianapc | 2016-05-25 15:32 | 豊橋市 | Comments(0)
四川閣から間置かず、翌日は杏亭に行ってきました。 
二日酔いで若干胃がしんどいですが、欲求のほうが勝っちゃてます。
記憶のまま店に向かったところ、前の場所には別の店が。無くなっていないはずなのでもう少し歩くと店がありました。


【場所】
名古屋市 中村区亀島2丁目13−1
亀島駅から出て新幹線沿いに歩く、則武一丁目信号を右に折れ
最初の角を右に折れる。



店床面積が広くなっている。前より席数が増えたのに満席。あっという間に人気店になっていたんですね。
さて、味のほうはシャンツー系統の作りをしているのでゴマは多め。ラー油は辛さが強め。ちょっと油感ありますがしっかり混ぜればそれも無くなります。山椒は弱め。麺はスープにしっかり絡みます。店が大きくなる前からブレてない感じはいいと思います。

ちょっと値段が高いタイプは香りが強いので今度はそったを食べに行きます。
d0095197_23115138.jpg

[PR]
by indianapc | 2016-03-09 23:11 | Comments(0)
湯島の阿吽に行ってきました。

会社から結構あるくので、走っていく感じ。
春のすこし暑いくらいの昼に行ってきました。

頼んだのは、五辣のたんたんめん。
最初、はじめて来た店だということで、四辣しか出さないとの事でしたが
店主のありがたいお気遣いで五辣をいただくことに

しばらくすると、香りから五辣の魅力が
ズンズンと感じられるどんぶりがやってくる。

まずひと救い。
秋葉原にある銀座一鳳の香りっぽい衝撃的な山椒の辛味
そして濃厚なゴマの風味。ゴマはクリーミーな感じで
名古屋で食べてたねっとり感はなく、さらさらしている。
d0095197_8594047.jpg

(写真は4辛)
スープの量もいくぶんか多いので、もう食べるというより
戦うという感じになってしまい、おいしくいただいてはいるものの
このどんぶりに挑戦している自分がちょっと惨めな気持ちに。
最後スープを残さず飲んだときは、おいしかったという気持ちと
達成感でいっぱいでした。午後は水分不足でフラグラになってましたが…。

後日、三辣汁なしを食べてみましたが
これも、麺はくっつかないし、味が全体的にいきわたっていて
辛さよりもゴマのマイルド感が印象的でした。
辛さをしっかり楽しみたいならば、四辣が一番いいかなと思います。
非常におすすめしたいですね。

そんなに遠くはないので、頻繁に通いたいと思います。
d0095197_18414730.jpg

[PR]
by indianapc | 2010-05-09 08:55 | 東京編 | Comments(2)
大須たんたんめんに行ってきました。
サイト

千種や天白に居酒屋等を開く店が大須に進出。
店先は大須らしく饅頭が売られています。

麺メニューは普通の汁麺と
汁なし、汁ありのたんたんめんの3品。
早速汁なしを頼む事に。

そんなに待たずにやってきたのは、見た目普通のたんたんめん。
しっかり混ぜて食べてみると、いたって普通の味。
そういえば麻辣醤、いわば「食べるラー油」の説明が先に入ってたのに気がつく。
前もって説明する理由は辛いのが苦手な人、味に慣れていない人向けのに
作られてあって、香味や辛味を楽しみたい人は麻辣醤を追加すると
おいしくなるとの事。なるほど。
d0095197_14144933.jpg

説明に従い好みの麻辣醤をしっかり混ぜて食べてみると
ほどよい辛さとともに、香味がしっかり。花山椒の香りと辛さが
このたんたんめんの味を引き立てる。これはすばらしい。

ひらうちの麺ももちもちしていて、汁との絡みも非常によい。
久しぶりにすばらしい味に出会えました。
しかも680円で平日昼は中華パン付とはお安い。
非常におすすめしたいですね。

※編集後記
そろそろ名古屋レポから「引退」を考えておりますが
それにあたり、どうせならちょいとリンクしていない他のブログの文句でも書いて見ようかと…
それ(文句)に関してのご批判、ご意見どれだけでも受け付けております。
[PR]
by indianapc | 2009-11-10 14:12 | 名古屋市中区 | Comments(0)
大阪名物 ○○のてんぷらを食べました。

相変わらずこのてんぷらを買いに行くと売り切れトップ。
最後の1本を買うことに。
昔関西地方に住んでいたワタシにとっては
このありえないくらいのショッキングな風貌に
最初は戸惑ったのだが
でも食べてみると、ゴハン食べたいとか、ビール飲みたいとか
そういう雰囲気になります。

その○○とは…

紅しょうがのてんぷらです。
たぶん、大阪出身の人は絶対ああ、あれねと思う料理だと
思います。でも、ほかの地域の人にとってはかなりショッキングな料理
でも食べてみると、あのすっぱ辛い味がとってもゴハンがほしくなり
どっちかというと、うどんにいれてもええんじゃないか的な味で
今でも大阪に行くと、どんな同行者連れてもこっそり買いに行きます。
大阪府民にとって誇れる味じゃないでしょうか。
d0095197_1312982.jpg


是非、大阪に行ったら、スーパーに行ってコレとおにぎり買って
食べてみてくださいね。

※編集後記
県民B級グルメの多くはゴハンがどうなる系が多いですよね。
ゴハンをいためる、まぜる、乗せる。パターンそれぞれですが、
麺系よりも多いかもと思うのですがどうでしょう。
[PR]
by indianapc | 2009-11-01 23:45 | その他 | Comments(2)

感動の原点に戻る

桂花に行ってきました。

最近新店を探すよりも、なんか原点に返ってみようと
思った次第です。
早速昼休みの間にこっそり向かってみることに。
何年もサボリーマンをやってきて
初めてここの店に来たときの感動は今でも忘れられません。
ネットで食べログもない頃でしたので、何の情報もなく
ただ掲示板にかかれた一言を頼りにいってみたわけです。

久しぶりにいってみると、静かな店内。
昼というのに客数が少ない。ピーク過ぎたのかな?
もしくは灰皿をなくしたからかな?
そういえば以前はモクモクと煙がたちこめる店内だったような。
タバコをすわない私にとっては、ありがたい。

そうこうしているうちにやってきたたんたんめんは
あいかわらずの濃い味。前日に飲みすぎた私にとっては
かなり応える感覚だが、食べているうちに元気になっていくのは
気のせいでしょうか。咳き込んで疲れていた体も夕方前にはすっかり元気に
ゴマの力といい、香辛料の力といい、たんたんめんはそういう意味で
ありがたい食べ物だなと思いました。
d0095197_954733.jpg


※編集後記 というか ちょっと宣伝
体調不良でお店を休まれてる錦飯店店主が自家製ラー油の販売をはじめました。
是非おためしを。
http://www.rakuten.co.jp/chinagourmet/
[PR]
by indianapc | 2009-10-16 19:47 | 名古屋市中川区 | Comments(0)
どこかで麺ブログとして
いまだに勘違いがある今日この頃。

いつもいい情報をくださるさのさんの言葉を思い出し
たまにはおいしい麻婆豆腐を食べてみたいと思い。
出張帰りにひとり唐人吉華へ。

東京都中央区八重洲1-6-16 東進ビル
八重洲中央口から5分ほど。

唐人吉華は陳建民氏のお弟子さんの店。
以前に辛党おっさんのブログで発見して
あ、行ってみたいなと思った店です。

開店すぐに入ってみると、9月なのにまだまだ暑い空気。
エアコンもまだしっかり効いていない。

早速麻婆豆腐を頼む事に。
壁には辛さのレベルが書いてあり、超激辛の上にはスペシャルってのが。
スペシャルはどれだけでも出来ますとの言葉を聞いて
とりあえず、スペシャル2倍でと。

しばらく経ってやってきたものは赤黒い麻婆豆腐
いつも錦城で食べるものとはちょっと違う。
早速食べてみると、四川辛子と山椒の辛味がかなりくる。
ただ辛いだけじゃなく、舌を刺激する感じ。そういえばこの辛さ、ダンダン亭で
味わったような感じ。ただ、ダンダンはラー油のほうが強かった。
ここはそんなにラー油っぽさがない。
この辛さにもかかわらず、トウチがたくさん入っていて
味の濃さがある。味噌好きな一部の名古屋人ならハマるかも。
1,500円強する値段もうなずけます。
このくらいおいしい麻婆豆腐を他で食べてみたいですね。
d0095197_11372180.jpg

追記:担担麺は1,200円弱するそうですが、食べませんでした。

※編集後記
じゃあ名古屋でおいしい麻婆豆腐はどこ?って聞かれたら
やっぱり陳麻婆豆腐(ラシック)と言ってしまかも。
陳建民風の麻婆豆腐で唐人吉華レベルの濃さのものはなかなかないですね。
[PR]
by indianapc | 2009-09-27 10:55 | 麻婆豆腐 | Comments(2)
得道に行ってきました。

尾張旭市東本地ヶ原2-137 
11:30~14:30,18:00~24:00
火曜定休


そもそもこの店、とんこつラーメンからスタートした店なのだが
最近の傾向をしっかりつかんでいるのか、魚系だとか
名古屋では一時大流行になった極太麺を使ったりとか
飽くなき挑戦を楽しんでいるかのようである。
店員さんの目がかなり輝いているのを見ると、
ほんとにその様子が伺える。

たんたんめんマニアにとっては、尾張旭・長久手・守山・名東区は
店が多い事でも有名だ。

得道もチャレンジメニューとして出したのか?
汁なしたんたんめんが新メニューとして出る事に。

早速注文してみると、太めのストレートがおすすめという。
大和8号(?忘れました…すみません)
いわれるがままおすすめの麺でお願いする。

しばらくたって出てきたものは、なんとびっくりな感じ。
たんたんうどん?と思ってしまった。
食べてみるとしっかり汁なしのたんたんめん。
前もって絡めてあるので、味がしっかりしみていて
麺がくっつかない。硬めの麺は食べ応えがあり
味も食感も楽しめるのが非常によい。

それよりも驚いたのはこの辛味と香味の絶妙なバランス
刺激的過ぎず、かといってたんたんめん独特の辛味が
十分に味わえる。
辛味の部分だけではない、ゴマのタレもクドくなく
全体に均一に絡み合って最後まで飽きさせない。

普通のたんたんめん屋にできない業を
あっさりとこの店は完成させてしまったのだ。
すごい…

付け合せのトマトがあって、戸惑ったが、
食べてみると酸味を加えるための味としてアリだと思う。
トマトではなく、卓上にあった高菜でも
酸味を味わう事ができるので、もらった酢を使わず
トッピングを活かすのもアリだと思います。

麺バカの店員とたんたんめんバカの対決は、やはり麺バカ店員の勝ちでしたね。
d0095197_11182870.jpg

非常におすすめしたい!ですね。

※以外な話
土用の丑の日にうなぎを食べる習慣があるそうですが
土用の丑の日はうなぎを供養する日にしているお店も
あるのはご存知ですが?稼ぎ時に供養するからこそ
それなりにこだわりのある店だと思ってもいいのではと思います。
私も食べるならば、普通の日に食べたいですね。
[PR]
by indianapc | 2009-07-18 11:18 | 尾張旭市 | Comments(4)

新しい隠し玉発見です。

なばなの里内、桃仙に行ってきました。

なばなの里サイトへ(営業時間が一定ではないので、サイトで確認してください。)


ここは長島観光(長島温泉の事)の施設。
以前、どこかのブログかなんかで、長島温泉内にある桃仙の担担麺が
すごくおいしいとの書き込みを発見したので、そりゃいかなければと
思って前々からこのネタ温めてました。

平日に行くとコレがまたスカスカのなばなの里。
イルミネーションのときは2,000円なのが、閑散期は1,500円
いや、オープン時は1,000円だったような…
夜の時間に入ることに。

早速頼みました、担担麺900円。
観光地価格なんだから仕方ないか…
と思ったのだが、しばらくまって運ばれてきたものは…
以前に行った四日市都ホテルをしのぐ、いや超える味。
いくぶんかクリーミー感のあるスープ。ゴマの粒感を少しだけのこしつつも
ペースト状のチーマージャンはしっかり溶かれている感じである。
辛味と香味はいい感じで辛すぎず、ツンとくるわけでもない。
ツァーサイとひき肉のバランスもよく、味を損なう事もない。
こりゃすごい。都を越えてるなぁ…。感動しました。

担担麺初心者でも非常においしく味わえる一品でした。
非常におすすめしたいですね。

d0095197_837783.jpg

[PR]
by indianapc | 2009-06-26 02:51 | 桑名市 | Comments(4)