名古屋発、1人で担々麺(坦々麺 たんたんめん 坦坦麺 担担麺)230件360食食べた記録と、地メシと役所ゴハン(Y級グルメ)と激辛挑戦記。


by indianapc

やっと名古屋で海軍カレーを食べる

本日 海軍カレーを食べにキッチンブンペイに行ってきました。

海軍カレー
名古屋市中区栄二丁目5-1
宝第1ビルB1
11:00~14:30(ごろ)
17:00~
日曜定休
お店のブログ

横須賀海軍カレーを横須賀で食べておきながら
名古屋で食べてみたいと思ったので
食べてみました。

カレーは自分で給仕するスタイル。
その量を計算することにより、ゾロ目が出ると次は無料になる
システムになっている楽しいサービスがココの売りです。
自分でついでみましたが、500グラム程度と、
ちょっと余分によそったかな気分です。

さて、味のほうはというと、肉のホロホロと崩れる感じがよく
そしてジャガイモの存在感のある口当たり。
そして甘口カレーの味わい。昔よく食べたおうちのカレーの風だが
しかし、具のたしかな感じは別で調理したのかな?と感じさせる。
メリケン粉っぽい口当たりがなんとも印象的で
このメリケン粉の感覚があの井上靖の「しろばんば」に出てくる
おぬいばあさんの作るカレーを思い出してしまいました。
ただし、おぬいばあさんのカレーは
主人公「洪作」にとっては辛いカレーであったとの事。
「洪作」がコレを食べたら「おお辛い」となく事はなかっただろうね。
ブンペイの方へ…
横須賀で食べたカレーはもうちょっとスパイス感ありましたよ。
あと、おうちでカレー作るときにマギーブイヨン入れる感じでスープの味も
ちょっと増してました。
26県目/47都道府県中
d0095197_18591641.jpg

d0095197_203156100.jpg

※編集後記
文学と食は非常につながり深いものがあり、その言葉の魅力にこそ
味を学ぶポイントがあると私的に思います。
各作家の作品の中には調理法や味わう感覚を
こと細かく書いてあるものもあり、それが非常に読む人の食欲を
増すこともあります。最近食育についていろんな方面から
取り上げられますが、そもそもはこういう文学からも学べることも
あるという事を忘れて欲しくないなと思います。

追記
近々中京テレビPSでキッチンブンペイが放送されるそうです。
[PR]
by indianapc | 2008-07-01 15:15 | 名古屋市中区